筋肉が大きくなるメカニズム

筋肉繊維の損傷と超回復

筋肉が大きくなるメカニズムは、筋肉繊維の損傷と修復の繰り返しだ!

 

筋トレによって筋肉に適切な負荷を与えることによって筋肉繊維が損傷する!

 

そして適切な栄養と休養をとることで、損傷した筋肉繊維は修復され損傷前の状態よりも強化される!

 

これは超回復と呼ばれ、筋肉は超回復を積み重ねてどんどん強化されていく!

 

 

一般的に超回復が起こるまでの時間は、筋トレ後48〜72時間といわれている!

 

もちろん、超回復の前に次の筋トレを行うと損傷した筋肉が強化される前に更に損傷を重ねる事になり逆効果だ!

 

どれだけ休養期間の見極めが大事か分かるだろう!

 

超回復の図

オーバーロードの法則

日常生活でも色んな物を持ち上げたり、階段を上がったりと筋肉を使う事はある。

 

しかし、日常的に与えられる負荷では駄目なんだ!

 

少ない負荷では筋肉を鍛える事は出来ない!

 

 

筋肉を大きくする為に必要な負荷は、『12回反復するのが限界』以上の負荷だ!

 

これも筋肉が鍛えられていけば適切な負荷では無くなる!

 

ある一定以上の負荷で筋トレを行わないと筋肉は鍛えられない!

 

この事をオーバーロードの法則というんだ!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」


筋肉が大きくなるメカニズム関連ページ

筋トレを勉強する前に
筋トレをはじめる前に、間違った先入観を取り払う必要があります。ここでは筋トレを勉強する前に最低限頭に入れておかなければならない事について説明します。
筋肉繊維の種類について
筋肉は筋肉繊維が束になってできています。ここでは筋肉繊維の違いについて説明します。
筋トレの適切な負荷と回数
筋トレは負荷や反復回数によって得られる効果が違います。ここでは負荷や反復回数による効果の違いについて説明します。
筋トレにかける時間と頻度
筋トレは毎日すれば良いというものではありません。効果的な筋トレの時間と頻度について説明します。
部位を分けて鍛える
筋トレは体の各部位毎に分けて行う必要があります。部位を分けて考えるためのページです。
筋トレのはじめ方
筋トレ初心者におすすめの種目の紹介と、回数やセット数など具体的なやり方を説明しています。

部位別の筋トレ方法