筋トレを勉強する前に

筋トレはやればやるほど効果がある?

君が筋トレCAMPを訪れたという事は

 

「男らしい胸板や丸太のような腕を手に入れたい!」

 

「たるんだお腹をどうにかしたい!」

 

「逞しい体でもてたい!」

 

いろいろと理由はあると思うが、理想の体を手に入れるための手段として、「筋トレをやってみよう!」そう思っているところだろう!

 

 

しかし、筋トレはただやみくもにやれば良いってもんじゃないんだ!

 

間違ったやり方で、いくら頑張ったところで効果は無い!

 

それどころか、逆効果になる事もある!

 

毎日毎日必死で頑張っても、全く効果が無ければやる気も無くなる!

 

そうならないように正しい筋トレのやり方をマスターしよう!

 

こんな筋トレ法は間違っている

  • 「腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットを各100回3セット」
  • 「毎日筋肉痛になるまでトレーニングを行う」
  • 「うさぎ跳びでグラウンド1周」

これらの筋トレ法は、昔から一般的に行われて来たものだが、筋肉をつけるための筋トレとしては間違ったものだ!筋トレの基礎をマスターすれば、これらの筋トレ法がなぜ間違っているか理解出来るだろう!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」


筋トレを勉強する前に関連ページ

筋肉繊維の種類について
筋肉は筋肉繊維が束になってできています。ここでは筋肉繊維の違いについて説明します。
筋肉が大きくなるメカニズム
筋肉が大きくなるメカニズムについて説明します。
筋トレの適切な負荷と回数
筋トレは負荷や反復回数によって得られる効果が違います。ここでは負荷や反復回数による効果の違いについて説明します。
筋トレにかける時間と頻度
筋トレは毎日すれば良いというものではありません。効果的な筋トレの時間と頻度について説明します。
部位を分けて鍛える
筋トレは体の各部位毎に分けて行う必要があります。部位を分けて考えるためのページです。
筋トレのはじめ方
筋トレ初心者におすすめの種目の紹介と、回数やセット数など具体的なやり方を説明しています。

部位別の筋トレ方法