筋トレ応用編

分割法とは

筋トレの強度を上げるために鍛える部位や種目を増やしたら、その分時間が多くかかってしまう!

 

だが、長時間の筋トレでは集中力を持続させる事は不可能だ!

 

 

そこで、分割法を取り入れよう!分割法とは、一度の筋トレで鍛える部位を限定し、よりハードな筋トレを行うテクニックだ!

 

例えば、今日は上半身の筋トレを行い、明日は下半身の筋トレを行うといったやり方だ!

分割の方法

分割法を取り入れる時には、まず筋トレを何分割するかを決めなければいけない!

 

2〜5分割ぐらいが考えられるが、ここでも体幹筋と体肢筋を考慮して分割しよう!

 

腕の筋肉が追い込んだ次の日に、胸や背中の筋トレを行うのは困難だ!

 

一般的には、「上半身と下半身」「身体の表側と裏側」「体幹筋と体肢筋」などで分割されているんだ!

 

 

分割法の例

分割法の注意点

分割法を取り入れる時は、筋トレを行える頻度や時間、筋肉や体力の回復などを考慮して考えよう!

 

たくさん分割すると、その分一回の筋トレ時間が短縮出来きたり、一つの部位に対してよりハードな筋トレが出来る!

 

しかし、毎日筋トレを行っていたら体力が持たないし、筋トレを行う間隔をあけると一つの部位の筋トレの間隔が長くなりすぎてしまう!

 

かといって分割を少なくすると、一回の筋トレ時間が長くなってしまう!

 

自分のライフスタイルに合わせて考えてみよう!

 

5分割で筋トレを行った場合の例

 

私のおすすめは、5分割で月〜金まで毎日行い土日を休養にするやり方だ!

 

1種目なら10分、2種目でも20分もあれば行える!

 

短時間なら毎日でも出来るだろう!これが自宅での筋トレの強みだ!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」


分割法を取り入れる関連ページ

筋トレの強度を上げる
筋トレの強度は、重量、反復回数、セット数、インターバルの時間などを総合的に加味して考える必要があります。このページでは筋トレの強度を上げるための方法を説明しています。
追い込むための負荷設定
筋肉を追い込むためには、単純に負荷や反復回数を上げるだけでは足りません。このページでは追い込むために必要な負荷設定について説明しています。
鍛える部位や種目を増やす
筋トレの強度を高める方法の一つとして、一つの部位の為に行う筋トレの種目を増やす事があります。このページでは効率的な種目の増やし方について説明しています。

部位別の筋トレ方法