追い込むための負荷設定

セット毎に重量を考える

筋肉を追い込むためには、セット毎に適切な負荷で行う事が大切だ!

 

例えば、ウォーミングアップ後、1、2セット目を40kgの重量で10回行い、3セット目も同じ重量で行ったが1、2セット目の疲労により8回しか行えなかったとする。

 

このような場合、3セット目を自分自身でどのように感じたかによって4セット目の負荷を考えなければならないんだ!

 

 

3セット目の様子から、4セット目同じ重量で行った場合何回できるか考えてみよう!

 

「同じ重量なら6回ぐらいしか出来ない。

 

だが5kg下げたら10回は出来るだろう!」

 

と思ったら、重量を減らす事も考えてみよう!

 

40kgで6回行うのと、5kg下げて10回行うので、どちらが筋肉を追い込めるか?

 

これは君自身の経験から判断してくれ!

 

負荷設定

 

何?ちゃんと教えてくれって?

 

馬鹿野郎!!!

 

君はもう初心者じゃ無いんだ!

 

これまで筋肉を育てて来たのは君自身だろう!?

 

今までの経験はなんだったんだ!?

 

基本通りにこなすだけの筋トレは、初心者のうちだけだ!

 

更なる飛躍を目指すためには今までの経験を活かして、自ら考える必要があるんだ!

 

 

当然分かっていると思うが補足しておく!

 

今回説明したのはあくまで参考例だ!

 

4セット目までは重量を考えなくて良いって言ってるわけじゃない事は分かってくれ!

重量変更時のイメージ

追い込み時のイメージ

 

重量を考える時のイメージとして、上の図を見てくれ!

 

40kgで6回反復した時点で、追い込み度が100%近くまで達していたら、じゅうぶんに追い込めているので問題は無いんだ!

 

だが、重量が大きくなると1回1回の反復による疲労が大きいので、ある程度の余力がある状態でも、それ以上反復できなくなる事があるんだ!

 

そこで、少し重量を下げる事で細かく追い込めるというわけだ!

 

 

これはあくまでイメージだが、筋トレを応用するためにはイメージも大切なんだ!

 

特に疲労が溜まって来る後半のセットには、こういったイメージを持って取り組んでみてくれ!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」


追い込むための負荷設定関連ページ

筋トレの強度を上げる
筋トレの強度は、重量、反復回数、セット数、インターバルの時間などを総合的に加味して考える必要があります。このページでは筋トレの強度を上げるための方法を説明しています。
鍛える部位や種目を増やす
筋トレの強度を高める方法の一つとして、一つの部位の為に行う筋トレの種目を増やす事があります。このページでは効率的な種目の増やし方について説明しています。
分割法を取り入れる
筋トレを短時間でハードに行うためのテクニックに分割法があります。このページでは分割法を取り入れる方法や注意点について説明しています。

部位別の筋トレ方法