筋トレの強度を上げる

筋トレの強度を上げるには

筋トレの強度というのは、単に重量だけの事を言うのでは無く、反復回数やセット数、インターバルの時間などで総合的に見る必要があるんだ!

 

同じ重量なら反復回数が多い方、同じ反復回数なら重量が重い方が強度は高い!

 

また、セット数が多い方、インターバルの時間が短い方が強度は高くなるんだ!

 

 

 

だからといって、やみくもに反復回数やセット数を多くするのは効果的とはいえない!

 

なぜなら、それだけの反復回数、セット数をこなせるという事は負荷が足りていないという事だからだ!

 

つまり、強度を上げる為には十分な負荷設定の中で、反復回数やセット数、インターバル時間などを調整して筋肉を追い込む必要があるんだ!

筋トレの強度を上げる時の注意点

もうひとつ!筋トレの強度を上げる時にはオーバートレーニングに気をつけろ!

 

筋肉を限界まで追い込む事で、更なる飛躍を期待できるが、やり過ぎは逆効果になるどころか怪我のリスクも増して大変危険だ!

 

 

また、強度を上げて筋肉を追い込めば、当然回復にも時間がかかる!

 

じゅうぶんな栄養と休養を心がけよう!

 

それでは次のページからは、具体的な強度を上げるテクニックを紹介しよう!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」


筋トレの強度を上げる関連ページ

追い込むための負荷設定
筋肉を追い込むためには、単純に負荷や反復回数を上げるだけでは足りません。このページでは追い込むために必要な負荷設定について説明しています。
鍛える部位や種目を増やす
筋トレの強度を高める方法の一つとして、一つの部位の為に行う筋トレの種目を増やす事があります。このページでは効率的な種目の増やし方について説明しています。
分割法を取り入れる
筋トレを短時間でハードに行うためのテクニックに分割法があります。このページでは分割法を取り入れる方法や注意点について説明しています。

部位別の筋トレ方法