更なる飛躍を目指す筋トレ応用編記事一覧

筋トレの強度というのは、単に重量だけの事を言うのでは無く、反復回数やセット数、インターバルの時間などで総合的に見る必要があるんだ!同じ重量なら反復回数が多い方、同じ反復回数なら重量が重い方が強度は高い!また、セット数が多い方、インターバルの時間が短い方が強度は高くなるんだ!だからといって、やみくもに反復回数やセット数を多くするのは効果的とはいえない!なぜなら、それだけの反復回数、セット数をこなせる...

筋肉を追い込むためには、セット毎に適切な負荷で行う事が大切だ!例えば、ウォーミングアップ後、1、2セット目を40kgの重量で10回行い、3セット目も同じ重量で行ったが1、2セット目の疲労により8回しか行えなかったとする。このような場合、3セット目を自分自身でどのように感じたかによって4セット目の負荷を考えなければならないんだ!3セット目の様子から、4セット目同じ重量で行った場合何回できるか考えてみ...

筋トレのはじめ方のページで説明したが、初心者のうちは体幹筋だけの筋トレでも十分鍛える事が出来る!だが、ある程度効果が実感できてきたら、体肢筋の筋トレも考えてみよう!部位を増やす時に重要なのは鍛える順番だ!部位を分けて鍛えるで、説明したように大きな筋肉から順番に鍛えるようにしてくれ!

筋トレの強度を上げるために鍛える部位や種目を増やしたら、その分時間が多くかかってしまう!だが、長時間の筋トレでは集中力を持続させる事は不可能だ!そこで、分割法を取り入れよう!分割法とは、一度の筋トレで鍛える部位を限定し、よりハードな筋トレを行うテクニックだ!例えば、今日は上半身の筋トレを行い、明日は下半身の筋トレを行うといったやり方だ!

まずはダンベルとベンチを準備しよう!

当サイトでは、自宅効果的な筋トレを行うための情報を掲載しています。

ダンベルとフラットベンチがあれば、当サイトの内容を全て実践して頂くことができます。購入されるなら、ミギーがおすすめしているトレーニング・格闘技用品の巨大ネット通販サイトTIZSTYLEがおすすめ!30キロの可変式ダンベル2セットととフラットベンチを合わせて購入しても約18、000円。しかも送料無料です。

トレーニング、エクササイズ用品通販サイト「ティズスタイル」



部位別の筋トレ方法